MASTER KEYプロジェクト

2018年8月23日付で、一般社団法人 日本希少がん患者会ネットワーク(RCJ)は国立研究開発法人国立がん研究センターと、希少がんの新規治療開発およびゲノム医療を推進する「MASTER KEYプロジェクト」における連携協定を締結

希少がん患者実態調査アンケート画面

アンケート実施中

日本における希少がんの未だ満たされない医療や患者・家族の生活の質のニーズを明らかにし、希少がんの医療ならびに社会心理的課題の改善を目指すことを目的として、希少がん患者実態調査アンケートを実施しています。

日本希少がん患者会ネットワーク 参加メンバー

日本希少がん患者会ネットワーク

一般社団法人日本希少がん患者会ネットワークの略称はRCJ、英語名はRare Cancers Japanとなります。患者と家族が尊厳をもって安心して暮らせる社会を目指し、RCJは国内にとどまらず日本の患者団体として国際的にも活動します。