MASTER KEYプロジェクトの連携協定締結(動画)


2018年8月23日付で、一般社団法人 日本希少がん患者会ネットワーク(RCJ)は国立研究開発法人国立がん研究センターと、希少がんの新規治療開発およびゲノム医療を推進する「MASTER KEYプロジェクト」における連携協定を締結いたしました。(参考:締結調印当日記事

これよりRCJはMASTER KEY プロジェクトに参画します。RCJは研究を支援して創薬につなげ、患者さんに新たな薬を届くことを願っています。

なお、プロジェクト締結当日には、京都大学医学部附属病院が西日本の研究拠点として参加することとなり、今後、北日本、南日本の医療機関の参加も調整中とのこと。(希少がんの研究開発・ゲノム医療を産学共同で推進する中央病院の「MASTER KEY プロジェクト」 京都大学医学部附属病院が西日本の研究拠点として参加
より多くの患者さんの手に届くMASTER KEY プロジェクトとなりそうです。

以下、写真は調印式と会見の様子です。